ヒルトン・ワイコロア・ビレッジのコナ・プールとラグーン・ビーチを堪能!

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジには3つのプール+海へと繋がるラグーンがあります。

f:id:fuwa-trip:20190805220458j:plain

旅行前は「ホテル内プールを全部攻略する!」と意気込んでいた私ですが、とにかく広くて遊びつくせず、オーシャン・タワー・プールとコハラ・プールは断念。
今回は、ラグーン・タワー近くにあるコナ・プールとラグーンを楽しみました。

コナ・プールはファミリー向け

コナ・プールには赤ちゃんや小さなお子さんでも安心して水遊びができるチルドレンズ・サンド・プールがあります。

そして、ラグーン・ビーチは人工的に湾のように内側へ作られたビーチで波がないので、こちらも赤ちゃんや小さなお子さんが砂遊びをするのにピッタリ。

赤ちゃんや小さなお子さん連れのファミリーにはコナ・プールがおススメですよ。

コナ・プールへ

こちらがコナ・プール。

f:id:fuwa-trip:20190824185225j:plain

広いのでのびのびとプールが使えます

コナ・プールの周りにはテイクアウトの軽食や飲み物が買えるオーキッド・マーケット・プレイス(上の写真左の建物)があります。

大人向けにはバー(上の写真中央の建物)もありますよ!

娘はこちらのプールで大はしゃぎ。

f:id:fuwa-trip:20190824185228j:plain

プールの滝に打たれると大人も子どももテンションが上がりますよね

奥にはスライダーがあり、子どもはもちろん大人も童心に帰って何度も滑っちゃいます。

f:id:fuwa-trip:20190824185214j:plain

スライダーの監視員は空港の審査官と同じくらい怖かったです^^;

ラグーン・ビーチへ

プールで体が冷えてしまったらラグーン・ビーチへ。

ラグーンも広いです!

f:id:fuwa-trip:20190824185232j:plain

部屋から見たラグーン・ビーチ

他のホテルやビーチでもカヤックやペダルボートの貸出はありますが、子連れ的には沖に流される心配があるのでなかなか利用しづらいですよね。

でも、このラグーンは小さな湾のようになっているので、波はほとんどなく、無茶をしない限り沖へ出ることはないので、安心して海のアクティビティを楽しむことができますよ。

 

そんなわけで、我が家もスタンドアップパドルに挑戦!

f:id:fuwa-trip:20190824185220j:plain

慣れるまで何度も海へ豪快にダイブしました^^;

すると、

f:id:fuwa-trip:20190824185254j:plain

ウミガメを発見!

ウミガメは特別保護動物のため6フィート(約2m)以内に近づくことは禁止されています。

だから、家族全員で力を合わせて離れようとするのですが、ウミガメの泳ぐスピードは想像以上に速いので思うように離れられず焦りました。

このほかにもラグーン・ビーチ内ではウミガメを何度も見かけましたよ!

お腹が空いたら

コナ・プールとラグーン・ビーチの間にあるラグーン・グリルがオススメ!

f:id:fuwa-trip:20190824185250j:plain

中央の建物内にラグーン・グリルとシャカコーンズがあります

アメリカらしい食べ物をいただいたり、

f:id:fuwa-trip:20190824185246j:plain

ハンバーガーもオニオンリングもGOOD!

昼間からビールをいただいたり、

f:id:fuwa-trip:20190824185241j:plain

これぞリゾートの醍醐味

エネルギーをチャージしたら再びプールかラグーンに行き、ちょっと疲れたなぁ…と思ったら、

f:id:fuwa-trip:20190824185237j:plain

結構ボリュームがあるのでシェアで十分かも!

ラグーン・グリル裏にあるシャカコーンズでアイスを買って食べ、またエネルギーをチャージして遊び…を繰り返して1日過ごしました。

子どもが大喜びすること間違いなし!

ラグーン・ビーチのレンタルやラグーン・グリルでの飲食はルームキーを見せればチェックアウト時に精算できるので、貴重品を持って行く必要ナシ!

子どもはもちろん大人も大満足のヒルトン・ワイコロア・ビレッジにぜひ宿泊してみてくださいね!

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジの宿泊予約は楽天トラベルかブッキングドットコムがわかりやすいですよ↓