ふわっとりっぷ

アラフォー母と小学生の娘のTravel・Trip・Going Out

ハワイ島に滞在ならスーパーはKTAへ行こう!~ヒロ編~

ハワイへ行く時の私の楽しみの1つがスーパーへ行くことです。

日本では手に入らない野菜や果物、お土産になりそうなものがお得な値段で売られていたりして、ついつい長居してしまいます。

 

ワイ島にもスーパーはたくさんありますが、

その中でもぜひおススメしたいスーパーがKTA Super Stores

2019年7月現在KTAはハワイ島内に合計7店舗あるそうですが、その中から今回はヒロのプアイナコ店をご紹介します。

KTAと日本人

KTAは1916年にタニグチさんご夫婦がヒロで小さなお店を開いたのが発祥と言われています。

既に100年以上の歴史があるスーパーなんですね。

 

ヒロの街があるハワイ島東海岸は、さとうきび畑や製糖工場で働くために明治時代をピークにたくさんの日本人が移り住んだ場所です。

そのため、ハワイ島東海岸には今でも日本人を祖先に持つ人々が多く住んでいます。

特にヒロには日本人の名字が名前となっている建物が今でも多く残っているんですよ。

外観

私が訪問したのは、日も暮れかかった午後6時過ぎ。

f:id:fuwa-trip:20190715142313j:plain

KTAプアイナコ店

夕方のお買い物のピーク時間を少し過ぎていたからか、お総菜コーナーは売り切れが多く、店員さんが順番に清掃しているところでした。

プアイナコ店の特徴

元々KTAは日本食をはじめアジアの食材を多く取り扱うスーパーとして有名ですが、

特にヒロの街は日本に由来を持つロコが多く住むという土地柄からか日本食のバリエーションがとても豊富で、

特にプアイナコ店は日本の食品が充実していました。

f:id:fuwa-trip:20190715142306j:plain

ポッキー。日本ではみかけない味もあります。

まずはポッキー。

食べ慣れているので、子どもにも買いやすいですね。

f:id:fuwa-trip:20190715142302j:plain

醤油コーナー。めんつゆも充実。

調味料コーナーでは、醤油のほか、めんつゆ、白だし、焼肉のたれもありました。

ヒロに滞在するなら日本から調味料を持って行く必要がないほど充実しています。

f:id:fuwa-trip:20190715142309j:plain

日本でもお馴染みの納豆からNATTOまであります。

日本のスーパーでもお手軽に買える納豆もいくつか種類があります。

一番左のNATTOはどんな味なんでしょうか?試してみればよかった!

 

もちろん日本で買うより割高で、物により2~3倍の値段がしますが、

ここなら日本のスーパーとほぼ同じものを揃えることができ、日本食が恋しくなることはなさそうです。

ハワイを含むアメリカは肉エキスを含んだ食品は持ち込めないので、調味料を持って行くときはとても気を遣いますよね。

さらに、調味料などの液体は重くて荷物の重量が気になりますから、「これ大丈夫かな…」と心配しながら入国審査を受けるより荷物が軽く、精神的にも良いかもしれません。

お店の概要

ヒロ空港から11号線をまっすぐ進み車で5~6分で到着するKTAプアイナコ店。

ヒロで滞在の予定があればぜひ立ち寄ってみてください!

営業時間:am5:30~am0:00(年中無休)※2019年7月現在