ふわっとりっぷ

アラフォー母と小学生の娘のTravel・Trip・Going Out

ハワイ島は好みが分かれる…かもしれない

「日本人はハワイが好き」

このフレーズ、これまで何回聞いたかわかりません。

確かに私もハワイ好き日本人の1人ですが、

「ハワイ好き=ハワイ島が好き」ではないんだなぁ…と私は最近感じています。

 

今回は私の主観的な記事になりますが、

特に、初めてハワイに行かれる方、ハワイの離島に行ったことがない方にお読みいただけたら嬉しいです。

ワイ島はもう一度行きたいか行きたくないかがはっきり分かれる島

私はこれまでにオアフ島・ハワイ島マウイ島に行ったことがあります。

そして、1日日帰りツアーを含めハワイ島には3回行きました。

私にとってはハワイ島はとても魅力的な島で、何回行ってもすぐに「もう一度行きたい」と思う場所です。

だから「ハワイ島ってどう?」と聞かれたら、好きを前面に出し熱くプレゼンしていました。

 

ですが、私のプレゼンを聞いてハワイ島に行った人は、

「また行きたい!」

と言う人と、

「もういい」

という人にはっきり分かれます。

旅行ってそんなものなんでしょうが、ハワイの中でもハワイ島は特に好みが分かれる気がします。

「ハワイ島はもういい」と言う人の共通点

*ここからは私の周りの話です*

(その1)暇だった

私の周りの「ハワイ島はもういい」と言う人は

「田舎すぎて退屈だった」

と言います。

 

確かにハワイ島には高層ビルはありません。

360°溶岩台地の光景が広がる場所や見渡す限り建物のない場所がいくつもあります。

ですから、

・都会が好き

・高層ビルを見たい

・旅行では美術館や博物館巡りもしたい

このような方には、自然の中の体験アクティビティが多いハワイ島は退屈に感じてしまうのかもしれません。

(その2)英語が苦手

オアフ島、特にホノルルは日本語で通じるお店が多く、日本語のメニューが置いてあるお店も多いです。

それに比べると、ハワイ島では日本語が通じず日本語メニューの置いていないお店が少なくありません。

「ハワイは日本語が通じる」と思っていたのに…という方にはつらいかもしれません。

 

以上のように、都会的な場所が好きで、英語が苦手な方にはホノルルがオススメです。

ワイ島中毒になってしまう人

これに対し、

・普段都会で暮らしていて疲れており、休みの日はのんびり過ごしたい。

・自然を感じたい。

こんな方にはハワイ島はオススメです。

 

リゾート地のワイコロアは、一つひとつのホテルの敷地が大きく、大きいプールや目の前に広がるビーチが充実しているので、ホテル内で過ごすだけでも十分楽しめます。

また、ワイコロアにはコンドミニアムもたくさんあり自炊も可能。

もちろん、近隣のビーチへ出かけてシュノーケリングやサーフィンを楽しむこともできますし、プールのあるコンドミニアムもあります。

 

そして、ハワイ島は自然や古くからの言い伝えを敬い、大切にしている場所。

乗馬体験やマンタ・イルカツアーなど自然の中で体験するアクティビティが数多くあります。

さらに、キラウエア火山やマウナケア山頂などハワイ島ならではの体験スポットもあります。

 

2019年7月現在、キラウエア火山やその周辺で溶岩流や赤いドロドロとした溶岩を見ることはできませんが、

数倍の広さに拡大したハレマウマウ火口や溶岩流の跡を間近で見られる場所はなかなかありませんし、その迫力は言葉では言い尽くせません。

四国の半分の面積があるビッグアイランド・ハワイ島

ぜひ自分なりの楽しみ方を見つけてくださいね!